f0272200_22485247.jpg
2007年12月23日。

私たち「ママさんブラス nara」の大きな“夢”がかなった日。

ママさんブラス nara ファミリーコンサート2007 
~冬の大感謝祭!仲間・家族、そしてあなたに~を
やまと郡山城ホール大ホールにて、
満員のお客さまの温かく大きな拍手の中、
無事にコンサートを終えることができました。

いつも私たちの活動を応援・支援してくれている家族や友人、
コンサートの裏方スタッフとしていろいろとお世話になったみなさん、
そして、寒い中、私たちのコンサートを聴きに来てくださったお客さま、
本当にありがとうございました。団員一同、感謝しております。

   ♪   ♪   ♪   ♪   ♪

 「ママさんブラス nara」は、結成3年目の吹奏楽団です。
メンバー登録数も80名を越え、そろそろ大きなステージで、
自分たちの奏でる音楽を子どもたちに家族に届けたいという想いが
膨らみ、このコンサートに繋がっていきました。
子ども連れでも、気軽に聴きにいけるコンサートがあれば
親子で楽しい時間が過ごせると思うのですが、
奈良でも、なかなかそんなコンサートも開かれません。
だったら、自分たちでやってみようと、
年頭よりほぼ1年かけて準備してきました。

 選曲・試奏を何回も繰り返し、
曲順や演出案も何度も企画メンバーが集まり頭を絞っても、
「三人寄れば文殊の知恵」とはなかなかいかず、アイデアは煮詰まり、
上手くいかない日々が続き、、、、
やっと全体のイメージが固まってきたのは、残暑厳しい頃でした。

 2学期は、子どもたちの幼稚園・学校行事もたくさんあり、
母としても忙しい時期でしたが、
合奏練習でできなかったところをパート練習や個人練習で
ゆっくりとさらいつつ、演出小物(大物?!)を分担して制作したり、
団員一丸となってコンサート準備に取り組んで
とても充実した日々を過ごしてきました。

   ♪   ♪   ♪   ♪   ♪

そんなこんなで、コンサート当日です。
こんな感じで準備は進み、本番の時間がやってきます。

9:00
準備担当メンバー集合 
気合の入った日の集合は、みなさん早いです。
寒い外でだいぶと待たされました。
前日の打ち合わせどおりに、受付や「ようこそアーチ」の仕上げ、
ママブラキッズたちの作成したかわいいサンタさんの展示など、
あちこちで準備が着々と進んでいます。

f0272200_13561153.jpg


f0272200_13564187.jpg


9:30
子ども連れのメンバーや託児スタッフさん達も
ぞくぞくと集合してきました。
託児ルーム(楽屋)は、ママブラキッズたちの熱気でムンムン。

10:10
お手伝い下さるスタッフさんの紹介と団員全員での気合入れ!!
  「エイエイオー!」
「おばちゃんは封印して、高校生のようにテキパキ行動するようにっ!」
と、コンサート実行委員長Tさんからの言葉に、
気持ちは盛り上がっていきます!

10:45
本番のステージで演出や照明のリハーサルが始まります。
みんな緊張感のあるいい表情で、演奏に演出に全力投球です。

f0272200_1357567.jpg


f0272200_1357207.jpg


13:00
昼食時間です。
会場の外を写すモニターには、
もうお客さまが整理券の受け取りに来られ始め、列が並び始めています。
おおっ、すごい。びっくりです。

13:25
予定より早めの開場です。
舞台袖では、サックスパートとフルートパートによる
アンサンブルでお迎えです。

14:05
ほぼ客席が埋まりました。いよいよ、ファミリーコンサートの開演です。

f0272200_13574081.jpg


   ♪   ♪   ♪   ♪   ♪

オープニング曲として演奏したのは、「宇宙戦艦ヤマト」です。
みなさんご存知の迫力のあるかっこいい曲なのですが、
練習時には、いつも先生にパワー不足を指摘されていました。
だけど、舞台に上がったママたちは、
いつものママたちとは違っていました!
前奏が始まった瞬間、ゾクゾクするくらい金管メンバーの奏でる音色が
よくホールに響いて、一緒に吹いていて気持ちよかったです。

途中から、8mもある巨大なヤマトの模型が舞台袖から、
客席に向かって登場してきました。
びっくりされたお客さまも多かったのではないでしょうか?
実は、このヤマトは、神戸星陵高等学校吹奏楽部の手作りの模型を
譲っていただいた物なのです。
奈良のステージでも大活躍しました。ありがとうございました。

f0272200_13575997.jpg


さて2曲目は、吹奏楽オリジナル曲にチャレンジしました。
「朝鮮民謡の主題による変奏曲」は、ハーモニーも決まらず、指も回らず、
音も響かず、私たちにとっては、なかなか手ごわい曲でした。
しかし、自分たちの基礎力をつけようと、
地道な練習を頑張ってきた1年間の成果が、
少しは表われた演奏ができました。

3曲目は、雰囲気を変えて、
大人も子どもも一緒に歌える曲「大きな古時計」です。
この曲は、それまでの幼稚園などの依頼演奏会でも
何度が披露している曲なので、
メンバーもリラックスして、ママブラサウンドを楽しんで演奏しました。

1部最後の曲は、「ジャニーズ・ヒットパレード!!」
30代ママにはお馴染みのマッチやトシちゃんの曲から、
Kinki Kids・SMAPらの
最近のヒット曲まで入った盛りだくさんのメドレーです。
私たちの青春時代(?!)の曲なので、メンバーもノリノリで演奏し、
ふんだんにスタンドプレイを取り入れて、好評でした。


15分の休憩後、、、、
ステージ上には、なべや空き缶、フライパンなど
台所用品がいっぱい置いてます。
舞台中央の机には、
大きな牛乳パック、小麦粉の袋などなど、いろいろあります。
何が始まるのかしら?


さて、2部は、お馴染みのクラッシックの名曲をメドレーに、
台所用品も一緒に合奏に加わり、
聴いて楽しい「キッチンカンカン」からスタートです。
ママさんブラスnaraでは、“見て”も楽しんでもらおうと、
曲中で大きなクリスマスケーキを舞台上で作っちゃいました。
(もちろん、本物ではないですよ^^; 
段ボールを積み重ねた美術班力作のケーキです)
最後は、客席も一緒に、ケーキのろうそくを吹き消しましたよ。

f0272200_1358212.jpg


初めて“吹奏楽”の演奏会に足を運んでくださる方も多いのでは、、、
ということで、それぞれの楽器紹介をしました。
選曲・編曲に各パート工夫を凝らして、メンバーも楽しい時間です。


続いて、ママブラス定番曲「童謡メドレー」
結成半年後に、
初めて行なった依頼演奏会からずっと演奏しています。
いろんな動物パネルがあちこちから登場してくる演出も定番です。
子どもたちも大好きな曲なので、みんなの笑顔がとっても嬉しいです。

次は、ちょっと大人向き?の「TV Family」で、
5つの聞きなれたTVテーマ曲からなるメドレーです。
「ドラえもん」「ヤン坊マー坊の天気予報」「News23」
「渡る世間は鬼ばかり」そして、「笑点」。
かわいいヤン坊とマー坊も登場しましたよ。

メドレーが続いたので、またまた気分転換も兼ねて、
楽器紹介パート2です。
クリスマス曲から鬼太郎まで、
いろいろと楽器の特徴を示しながら、聴かせていきます。
チューバの楽器紹介では、Nさんの子どもを膝の上で抱っこし、
その上チューバものせて、さらりと「サザエさん」を吹いちゃいました。
すご~い。ママは、強いですね。
(練習中は、抱っこしたまま吹いていて、そのまま子どもがお昼寝したことも)


明日は、12月24日。クリスマス・イブ。
鈴の音とともにサンタさんに変身した先生が登場!
団員もトナカイのかぶりものやサンタ帽子をかぶって、
舞台はクリスマス色に。
ジャズ風に編曲された「赤鼻のトナカイ」で、
また違った雰囲気を楽しんでもらえたのではないでしょうか?

f0272200_13584760.jpg


いよいよ、コンサートも大詰め。
2部最後の曲は、みんなが大好きな「となりのトトロ・メドレー」です。
楽しい雰囲気の中で演奏が終わり、
お客さまの温かい大きな拍手に団員も感動しました。


その後、いつも練習や本番の託児でお世話になっているOご夫妻より
激励の花束を戴きました。ありがとうございました。


アンコールは、依頼演奏会でおなじみの「ドレミの歌」です。
歌詞にあわせた大型絵本と
「ド」「レ」「ミ」・・・「ド」の8音の旗(パタパタ隊)が
舞台前に並んで、
曲にあわせて旗の音符が踊ります♪
客席のママブラキッズもポンポンを振って、
ママたちを応援してくれました。

続いて、ちびまる子ちゃんの「おどるポンポコリン」です。
金銀ポンポンを持って踊るポンポコ隊と
黄色い帽子、赤いスカート、赤いランドセルの“ちびまるこちゃん”と
“インチキおじさん”も特別出演(?!)し、
歌って踊って笑って、舞台も客席も熱気に包まれたまま
幕を下ろすことができました。


   ♪   ♪   ♪   ♪   ♪


“夢のような”楽しい時間は、あっという間に終わってしまいました。

ひとりではできない“大きな夢”も
みんなの気持ちとちからをあわせれば
“夢”はかなうんですね。

再び楽器をママブラスを始めた時には、
ただ楽器が吹けるだけでうれしかった。
ママになっても“私が私でいられる時間”が
とても貴重な時間であることに気づき、
見渡せば、“音楽”が大好きなたくさんの仲間がそばにいました。

合奏場では、子どもたちが私たちの練習している曲に合わせて
手拍子したり、口ずさんだりと、ママたちの強力な応援団です。
いつまでもママと一緒に“音楽”を楽しんでくれたら、
私たちの活動もどんどん輝いていくと思います。


「もっとたくさんの笑顔と出会えるように」
「もっと素敵な演奏をお届けできるように」

これからも“ママさんブラス”を頑張っていきたいと思います。
また、みなさまに会える日を楽しみにして・・・・
[PR]